• 横浜山手中華学校1
    横浜山手中華学校1

学校 横浜山手中華学校

中国学校建築の精神を反映
ー 中国伝統美とモダニズムの融合 ー
機能性、効率性の高い施設づくりをすると共に、利用者の側に立った居心地の良い環境の創造と横浜の華僑教育・文化の中心的な場所としてふさわしい建築を目指しました。
中国本土の学校建築の精神(華美でなく質素の中に風格と格調)の反映、中国建築の伝統の継承(基本構成要素:大屋根・大屋根を支える列柱・正門)、中国らしさを表現するディテール(レリーフ・格子デザイン・色彩)を取り入れています。
施設構成は、幼稚園を主体とした低層階、小中学校を主体とした中層階、体育館のある最上階とし、基準階は、異学年交流を促進するため3層吹抜けのメディアセンターを中心に教室を配置しています。

横浜山手中華学校外観

横浜山手中華学校外観

建物DATA

[所在地]  横浜市中区
[構造規模] RC造・地上7階
[敷地面積] 4,151.30㎡
[延床面積] 10,668.11㎡
[竣  工] 2010年2月