石川町まちづくり委員会 環境整備事業

景観整備と居住環境向上
ー まちのバリアフリー化と活性化を目指す ー
 ゆっくり歩ける滞留型商店街を目標とした環境整備事業です。商店街入口には、商店街のシンボルツリーを残した広場を整備しました。イベント開催場所や、住民の憩いの場として、商店街の顔となる空間です。
 バリアフリーで歩きやすくするため、川側にあった電柱を山側に移設し、歩道を拡幅するため一部の車道幅員を狭くしました。また、車のスピードを抑え、車椅子やベビーカー等の横断が楽になる様に4ヶ所にハンプ(減速帯)を設け、横断しやすく、滞留性向上を図りました。
 広場・歩道の舗装は、隣接する元町商店街と同様、自然石(御影石)とし、耐久性とデザイン性に配慮しました。ボラードは対衝撃強度の高いFRP製としました。透光性があり、夜は光の演出をしています。

広場

 

街灯

ベンチ型ボラード

通り沿いに並ぶボラード

入口ボラード

 

 

平面図

こちらから印刷 こちらから印刷